• 1-800-123-789
  • info@webriti.com

クレジットカードの審査基準(勤務年数)

クレジットカードの審査基準(勤務年数)

クレジットカード審査基準のひとつに勤務年数があります。一般的には勤務年数が数か月といった場合は収入が不安定と判断されます。しかし、例外的に新卒の社旗あ人だけは勤務年数が数か月でもクレジットカードの審査基準の例外として扱われます。これはクレジットカード会社が若年層を自社会員にしようとしているからです。

若い人はショッピングの利用率も高く、カードショッピングをよく利用してくれるからです。また、カードショッピング目的でカード会員になるとめったに解約はしないので、長い期間自社カード会員としてショッピング利用してくれるのです。

新卒社会人であれば一流企業でなくても勤務年数はそれほど審査基準には影響ありません。しかし、30代でも一部上場企業や士業と呼ばれる弁護士や司法書士、医師といった職業であれば勤務年数は短くてもクレジットカードの審査を通過する可能性は高いでしょう。

こうした例外はありますが、一般的には最低でも1年、できれば3年以上の勤務年数があれば審査基準を満たすでしょう。勤務年数が長ければいいといっても虚偽記載はしないようにしましょう。個人信用情報機関には過去に利用した時の勤務先の情報も提供しています。虚偽記載はすぐにばれるのでやめましょう。

admin