• 1-800-123-789
  • info@webriti.com

Author Archives: admin

審査なしのクレジットカードはあるか?

クレジットカードを作るときには審査が必要です。原則として審査なしで発行されるクレジットカードはありません。それではなぜ審査なしではクレジットカードは発行されないのでしょうか。それはクレジットカードの仕組みに理由があります。クレジットカードの仕組みは立て替え払いや後払いと呼ばれるシステムです。

クレジットカード会社が加盟店に立て替え払いをして、カード会員は代金の支払いを後払いにできるのでそう呼ばれています。クレジットカード会社が立て替え払いをしてから、カード会員の支払いが完了するまでの間は、クレジットカード会社に未払いのリスクがあります。このリスクを回避または少なくするためには支払い能力のはっきりしたカード会員を選ぶ必要があります。これがクレジットカード審査です。

結論としては後払い方式のクレジットカードである限り審査なしでは作ることができません。しかし、クレジットカードのようにキャッシュレスで買い物ができるカードはほかにもあります。クレジットカードほど付帯サービスは充実していませんが、手元に現金がなくても買い物ができるという点では同じ機能を持ち、審査は不要で一定年齢以上であればだれでも作れるのがデビットカードです。

admin

審査なしで作れるクレジットカードじゃないカード(プリペイドカード)

クレジットカードは審査なしでは作ることができませんが、これは後払い方式だからです。前払い方式のプリペイドカードであれば収入や年齢と無関係に誰でも審査なしで作ることが可能です。前払い方式は事前にチャージ(入金)することで、入金金額の範囲内で利用するシステムなので、カード発行会社にリスクは全くありません。

最近ではVISAブランド付きにプリペイドカードが発行されているので、クレジットカードの加盟店と同じ店で利用することができます。VISAが利用できる加盟店は世界中にあるので、国内だけでなく広く海外でも利用できるのがメリットです。審査なしでクレジットカード同様のショッピングができるのが魅力です。

中にはネットショッピング専用のVISAプリペイドカードや、海外利用専用のVISAプリペイドカードもあります。自分の使い道に合わせたカードを審査なしで利用することができます。VISAプリペイドカードは三井住友カード、ライフカード、エポスカードなどから発行されています。ANAプリペイドカードはVISA付きで買い物ができるほか、1000円で5マイルが付与されるので、マイルを貯めるにも便利なプリペイドカードです。このようにVISAプリペイドカードも用途が豊富なので自分に合っているカードを選ぶことができます。

admin

審査なしで作れるクレジットカードじゃないカード(デビットカード)

デビットカードは審査なしのカードとして最も有名です。クレジットカードのように後払いではなく、プリペイドカードのように前払いでもないシステムです。基本的には銀行のキャッシュカードとしての機能があり、加盟店ではキャッシュレスで買い物ができるクレジットカードのような機能も備わっています。買い物と同時に口座から引き落としされるので銀行にリスクがないため審査なしで発行ができるのです。

VISAデビットカードはVISA加盟店で買い物ができるので海外利用も可能です。VISAデビッドカードはネット銀行を中心に各銀行で発行されています。スルガ銀行、楽天銀行ジャパンネット銀行などのデビットカードが有名です。VISAデビットカードのメリットは審査なしで発行できる以外に海外のATMでは現地通貨で預金の引き出しができる点もあります。

海外ではクレジットカード決済が便利で付帯サービスも豊富ですが、現金が必要な場合はキャッシングする必要があるので金利負担があります。デビットカードであれば金利は必要ないのでお得です。また両替にかかる手数料も不要で為替手数料の1.63%の負担で済みます。これはクレジットカードのキャッシングでもかかる手数料なので、デビットカード独自の負担はありません。

admin

クレジットカードを審査なしで発行したらどうなる?

クレジットカードに審査は必ず必要となりますが、後払い方式のクレジットカードを審査なしで発行したらどうなるでしょうか。ほとんどの場合審査をしても、審査なしでクレジットカードを発行してしまえば結果は変わらないでしょう。クレジットカードの利用で支払い遅延となって最終的に貸し倒れにまでなるケースは全体からすると数パーセントです。それだけを考えると審査なしでクレジットカードを発行しても影響はないように思えます。

しかし、実際に審査なしでクレジットカードを発行しますと大々的に宣伝をすると、今まで過去の支払い遅延が原因でクレジットカードを作れなかった人の申し込みが殺到します。また、現在他社で未倍となっている人たちもクレジットカードの申し込みをするようになるでしょう。その結果は目に見えています。

審査なしでクレジットカードを発行していることを公表しなければ、未払いになる率はそれほど変わりません。審査があるだろうと思って、支払い遅延者は申し込みをしないからです。審査なしでクレジットカードを発行しますと公表したとたんに遅延発生率が跳ね上がりますが、きちんと支払いをする人がそのクレジットカードへの申し込みをしなくなることも影響します。

admin

クレジットカードを審査なしで手に入れられる?(まとめ)

クレジットカードを審査なしで手に入れられる?(まとめ)
■クレジットカードに審査が必要な理由
・クレジットカードは立て替え払い方式でカード会員は後払いするためクレジットカード会社に未払いのリスクがある
・そのリスクを少なくするために支払い能力の見極めが必要で審査を行っている
・後払い方式である限りクレジットカードを審査なしで発行することはできない

■クレジットカードの機能があり審査なしで発行できるカード
・クレジットカードにはキャッシュレスで買い物ができる機能があり、この機能を備えたカードはほかにもある
・プリペイドカードは前払い方式なのでクレジットカードのような審査は不要で発行できる
・VISAプリペイドカードはVISA加盟店で買い物ができるので、ショッピングに関してはクレジットカードと同じように利用可能
・プリペイドカードは事前に入金して使うので誰でも審査なしで作ることができる
・VISAデビットカードは買い物と同時に口座から引き落としされるのでカード発行会社にリスクがない
・クレジットカード加盟店と同じVISA加盟店で買い物ができる
・海外でATMを利用して現地通貨の引き出しもできるので両替の必要がない
・デビットカードも銀行口座がある15歳以上であればだれでも審査なしで作れる

admin

クレジットカードをなるべく審査なしに近い状態で作る方法

クレジットカードに審査はつきものですが審査なしに近い状態でクレジットカードを発行することはできます。それは学生と新卒社会人がクレジットカードに申し込んだ時です。また、家族カードの追加発行の場合も、ほとんど審査なしと言ってもいいくらい新規申し込み時よりは簡単な審査になります。

学生の場合はもともと収入がないことが前提で、過去に利用もないので、通常の審査と比べると審査なしに近い状態となります。基本的に親の承諾さえあれば、学生カードの申し込みが却下されるケースはほとんどありません。新卒社会人もそれに近い状態です。初めてクレジットカードを申し込むケースが多く、年収も確定せず勤務年数も少ないのなぜ審査を通過するのでしょうか。

新卒社会人はクレジットカード会社にとっては金の卵です。将来にわたってショッピング利用してくれるからです。そのため一般的な審査基準とは違う基準で審査しているのです。家族カードはそれ以上に簡単な審査で発行されます。支払いをするのは本カード会員なので家族カード会員は18歳以上であれば無職でもカードが発行されます。申し込み時点で未払い金がない限り家族カード会員の申込基準に達していれば審査は通過します。

admin

クレジットカードの審査基準はカード系列によって違う

クレジットカードの審査基準はクレジットカードのグレードによって大きく違いますが、申込するクレジットカード会社の系列によっても違いがあります。最も審査基準が厳しいのは銀行系クレジットカード会社と言われています。JCBや三井住友カードは代表的な銀行系のクレジットカード会社でステータスが高いことで有名です。

銀行系クレジットカード会社は歴史が古くJCBは日本ダイナースクラブとほぼ同じ時期にクレジットカードを発行開始しています。こうした古い歴史がステータスの高さを築いてきたことや、銀行関連会社なので銀行の審査方式の影響が大きいことが審査基準が高い理由となっています。

信販系クレジットカード会社も銀行系に次いで歴史が古いクレジットカード会社です。しかしもともとショッピングクレジットなどで消費者に対する審査の経験があったので、それに準じてクレジットカードの審査を行ってきました。銀行では消費者に対する融資などは基本的にノウハウがないのと違い、信販会社個人に対する与信ノウハウを持っています。 そうした理由から信販系は銀行系に比べて審査が通りやすいという印象を受けるでしょう。

流通系クレジットカード会社は審査対象が主婦を中心とした女性が多いので必然的に信販系よりもさらに審査基準は低くなります。クレジットカードを選ぶときは自分に合っている系列のクレジットカードを選びましょう。

admin

クレジットカードの審査基準(年収)

クレジットカードの審査基準としては年収はそれほど重要ではありません。クレジットカード申し込み書に記載された自己申告の金額に基づいているので裏付け資料がないことが原因です。特に一般カード審査では年収がそれほど高くなくても審査にはそれほど影響ありません。一般カードの利用枠は30万円が標準なので、それほど高収入である必要はないからです。

しかし年収は審査基準には影響が少なくても法律的には影響があります。割賦販売法はクレジットカードのショッピングを規制している法律ですが、割賦利用できる枠の上限も決められています。この利用枠は年収を基準として、年間の支払予定額や生活維持費を差し引いた金額から算出されます。 この場合の年収は申込書記載の自己申告額なので年収欄は正確に記入することが必要です。

特にサラリーマンは源泉徴収票などを確認して正確な年収額を記載しましょう。収入金額ではなく所得金額を記入してしまうとかなり少ない年収金額にあり利用枠に大きな影響があるので注意しましょう。

ゴールドカードといったグレードの高いクレジットカードの審査基準では年収金額は大きな影響があります。基本的年収500万円が審査基準と言われているので、それ以下の場合は20代向けのゴールドカードを選ぶほうが無難です。

admin

クレジットカードの審査基準(勤務年数)

クレジットカード審査基準のひとつに勤務年数があります。一般的には勤務年数が数か月といった場合は収入が不安定と判断されます。しかし、例外的に新卒の社旗あ人だけは勤務年数が数か月でもクレジットカードの審査基準の例外として扱われます。これはクレジットカード会社が若年層を自社会員にしようとしているからです。

若い人はショッピングの利用率も高く、カードショッピングをよく利用してくれるからです。また、カードショッピング目的でカード会員になるとめったに解約はしないので、長い期間自社カード会員としてショッピング利用してくれるのです。

新卒社会人であれば一流企業でなくても勤務年数はそれほど審査基準には影響ありません。しかし、30代でも一部上場企業や士業と呼ばれる弁護士や司法書士、医師といった職業であれば勤務年数は短くてもクレジットカードの審査を通過する可能性は高いでしょう。

こうした例外はありますが、一般的には最低でも1年、できれば3年以上の勤務年数があれば審査基準を満たすでしょう。勤務年数が長ければいいといっても虚偽記載はしないようにしましょう。個人信用情報機関には過去に利用した時の勤務先の情報も提供しています。虚偽記載はすぐにばれるのでやめましょう。

admin

クレジットカードの審査基準(勤務先)

クレジットカードの審査基準の中で勤務先情報は重要です。勤務先欄には勤務先の名称や住所電話番号などの連絡先を記入します。クレジットカード審査では勤務先に在籍確認の電話をするので連絡先には、確実に連絡が取れる電話番号を記入します。クレジットカードの新規申し込みの場合在籍確認が取れないとクレジットカードは発行されません。

勤務先が本当に存在しているのか、申込者が実際に勤務しているのかを確認するのが在籍確認です。在籍確認は審査基準のひとつで、実際に勤務していることが確認できれば、毎月収入があることが裏付けられるので、自己申告の年収をある程度裏付けることになります。

派遣社員などは派遣元と派遣先のどちらを記入するのか迷ってしまう場合があるかもしれません。迷うのであればどちらも記入しておくといいでしょう。実際給与は派遣元からもらうことになりますが、派遣先が決まっていなければ収入もありません。そうした疑念を晴らすためにも両方記載することが望ましいのです。

勤務先は上場企業といった一流企業である必要はありません。例えば自営業でも問題はありません。一般カードの審査基準ではそれほど高収入は必要ないのです。むしろ中小企業でも長い期間勤務しているほうが信用されやすくなります。

admin