• 1-800-123-789
  • info@webriti.com

クレジットカードの審査基準(年収)

クレジットカードの審査基準(年収)

クレジットカードの審査基準としては年収はそれほど重要ではありません。クレジットカード申し込み書に記載された自己申告の金額に基づいているので裏付け資料がないことが原因です。特に一般カード審査では年収がそれほど高くなくても審査にはそれほど影響ありません。一般カードの利用枠は30万円が標準なので、それほど高収入である必要はないからです。

しかし年収は審査基準には影響が少なくても法律的には影響があります。割賦販売法はクレジットカードのショッピングを規制している法律ですが、割賦利用できる枠の上限も決められています。この利用枠は年収を基準として、年間の支払予定額や生活維持費を差し引いた金額から算出されます。 この場合の年収は申込書記載の自己申告額なので年収欄は正確に記入することが必要です。

特にサラリーマンは源泉徴収票などを確認して正確な年収額を記載しましょう。収入金額ではなく所得金額を記入してしまうとかなり少ない年収金額にあり利用枠に大きな影響があるので注意しましょう。

ゴールドカードといったグレードの高いクレジットカードの審査基準では年収金額は大きな影響があります。基本的年収500万円が審査基準と言われているので、それ以下の場合は20代向けのゴールドカードを選ぶほうが無難です。

admin